麻酔科学会が注意喚起 「プロポフォール」投与巡り

2014/6/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京女子医大病院(東京・新宿)で手術を受けた男児(当時2)が鎮静剤「プロポフォール」の投与後に死亡した問題を受け、日本麻酔科学会は14日までに、子供への投与は長期で大量にならないよう注意喚起した。学会は「適正に使用してほしい」と求めている。

プロポフォールは「麻酔の管理がしやすい」として医療現場で広く使われている。因果関係は不明だが、海外で集中治療中に投与された子供が死亡した報告があり、添付文書…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]