闇サイト殺人、被告の無期懲役確定へ

2012/7/13付
保存
共有
印刷
その他

名古屋市千種区で2007年、携帯電話の「闇サイト」で知り合った男3人が会社員、磯谷利恵さん(当時31)を拉致・殺害した事件で、強盗殺人罪などに問われた堀慶末被告(37)の上告審で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は13日までに、検察側の上告を棄却する決定をした。一審の死刑判決を破棄して無期懲役とした二審判決が確定する。決定は11日付。

共犯で起訴された神田司死刑囚(41)は一審で死刑、川岸健治受刑者(45)は二審で無期懲役がそれぞれ確定している。事件の被害者は1人で、死刑を選択すべきかどうかが焦点だった。

決定理由で同小法廷は「動機に酌量の余地はなく、犯行は計画的で残虐かつ無慈悲。被告の刑事責任は誠に重大」と指摘。一方で、神田死刑囚との役割の違いや被害者が1人である点を重視した二審判決について「甚だしく不当だとはいえない」と結論づけた。

一審・名古屋地裁は、結果の重大性などから「被害者が1人であることなどを最大限考慮しても極刑はやむを得ない」と判断。神田死刑囚と堀被告に死刑を言い渡し、自首した川岸受刑者のみ無期懲役とした。

二審・名古屋高裁は「最も重要な役割を果たした神田死刑囚と全く同等にみることはできない」とし、堀被告の一審判決を破棄、無期懲役を言い渡した。

一、二審判決によると、堀被告ら3人は07年8月24日夜、帰宅途中の磯谷さんを路上で拉致し、車内に監禁。現金やキャッシュカードを奪い、頭をハンマーで殴るなどして殺害した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]