/

この記事は会員限定です

パソコン遠隔操作事件、「真犯人」からまたメール

弁護士などに

[有料会員限定]

パソコン遠隔操作事件で、TBSや落合洋司弁護士に犯行声明メールを送った「真犯人」とみられる人物が、落合弁護士や一部の報道機関などに再びメールを送信していたとみられることが13日、捜査関係者などへの取材で分かった。メールには真犯人が自殺をほのめかすような内容が含まれていたという。

警視庁などの合同捜査本部は、落合弁護士から事情を聴くなどして今回送信されたメールの内容を確認するとともに、発信元の特定を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン