/

福島沖の洋上、60歳男性を救助 海自艦

13日午前11時半ごろ、福島県双葉町の北東沖約15キロの洋上で、海上自衛隊のイージス艦「ちょうかい」が、家の屋根の一部に乗って漂流中の男性を発見、救助した。男性は同県南相馬市の新川広光さん(60)。11日の大津波で自宅ごと流され、漂流していた。

防衛省によると、新川さんは顔や手に軽いけがをしていたが、意識ははっきりしており、「家から一度逃げたが、妻と物を取りに戻ったところに津波が来た。自分は屋根につかまって助かったが、妻は流された」と話したという。

13日午前11時10分ごろ、津波で倒壊した家屋の廃材や流木が漂う海域で、赤い布をつけた竹ざおを振っている新川さんを、乗組員が発見した。

救助されると、一瞬ほっとした表情を浮かべた新川さんは、手渡された清涼飲料水を一気に飲み干すと、救難ボートの上で泣き崩れた。

「近くを通ったヘリコプターや船に気付いてもらえなかった。自宅から2本持参した栄養ドリンクの2本目を飲んでしまい、今日が最期かなと思っていた」と、救助した隊員にしみじみと語ったという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン