/

「はやぶさ」大きめの粒子は鉱物 イトカワ由来の可能性

2つ目のカプセル、目視できる粒子なし

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルで見つかった比較的大きめの粒子について、鉱物と確認したと発表した。小惑星「イトカワ」由来の可能性があるという。

調べたのは、0.01~0.1ミリメートルほどの粒子20個。電子顕微鏡で観察、うち10個ほどが鉱物だった。詳しい成分はこれから調べる。これまで小さな粒子はイトカワ由来であることが分かっている。

また、内部が2部屋に分かれていたカプセルのうち、これまで未開封だった方の部屋も開けたが、目視で確認できる粒子は見つからなかった。はやぶさはイトカワに2度着陸、粒子を別の部屋でそれぞれ回収していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン