/

未熟な精子から子供 横浜市大など、マウスで成功

横浜市立大学の小川毅彦准教授と理化学研究所の小倉淳郎室長らは、精子のもとになる未熟な細胞を体外で完全な精子に成長させることにマウスで成功した。成長した精子が卵子と受精して子供ができることも確認した。人への応用は難しいが、男性不妊の解明につながる成果。14日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に掲載される。

研究グループは、マウスから得た精子のもとになる「精子幹細胞」を、別のマウスから取りだした精巣に移植したところ、完全な精子に成長した。この精子を体外で卵子と受精させ、受精卵をメスの子宮に入れて子供を得た。従来は、精子幹細胞をオスの精巣に直接入れないと、精子まで成長できなかった。

男性の不妊患者では、精子が完全に育たないことが原因の一つとなっている。今回の技術は、精巣を提供してもらう必要があるため、人間の不妊治療には使えないが、精子ができない不妊患者の治療法の糸口になる可能性はある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン