/

熊本の女性強殺、死刑確定 田尻被告が上告取り下げ

熊本県宇土市と熊本市で3人を殺傷し、現金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた無職、田尻賢一被告(41)が13日までに、最高裁への上告を取り下げた。田尻被告を死刑とした一、二審判決が確定した。取り下げは10日付。

一、二審判決によると、田尻被告は2004年3月、宇土市で女性(当時49)を殴って殺害し、現金を強奪。11年2月には熊本市の会社役員宅で役員の妻(当時65)を刺殺し、役員にも重傷を負わせて現金を奪うなどした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン