阪大、不妊に関係する物質特定 不妊症のメカニズム解明

2013/6/14付
保存
共有
印刷
その他

大阪大学の岡部勝名誉教授らは、脳に特定の物質が存在しないと不妊症になることをマウスの実験によって突き止めた。特定した物質は排卵に必要なホルモンの分泌を正常に保っていた。女性の不妊症の原因の1つである排卵異常のメカニズムの解明などに役立つ。研究成果は13日付の米科学誌「サイエンス(電子版)」に掲載された。

岡部名誉教授らが特定した物質は2つ。「マイクロR…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]