/

地学五輪、日本代表の高校生が金1銀3

文部科学省は13日、アルゼンチンで開かれ、各国の高校生らが地学の知識を競った「国際地学オリンピック」で、日本代表の高校生4人全員がメダルを獲得、そのうち横浜市立横浜サイエンスフロンティア高3年の中里徳彦さん(17)が金メダルに輝いたと発表した。

3人は銀メダルで、広島学院高(広島)3年の島本賢登さん(17)、灘高(兵庫)3年の松尾健司さん(18)、聖光学院高(神奈川)3年の丸山純平さん(18)が受賞した。

地学オリンピックは今回で6回目の開催で、17の国と地域から66人が参加。2007年に第1回大会が開かれ、日本は08年から参加し、毎年4人を派遣している。

今回は当初日本で開催予定だったが、東京電力福島第1原発事故で、参加国から放射性物質の影響を懸念する声が上がり、日本側が開催国の立場を辞退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン