A級戦犯寄せ書き、米で発見 東条元首相ら20人超

2013/8/13付
保存
共有
印刷
その他

第2次大戦後の極東国際軍事裁判(東京裁判)で起訴され、巣鴨プリズンに収容されていた東条英機元首相らA級戦犯二十数人が1946年秋、看守の日系人米兵に贈った寄せ書きが12日までに、米西部カリフォルニア州にある米兵の娘の自宅から見つかった。

見つかった寄せ書きのうち、東条元首相(写真上の中央)と広田元首相の書き込み(写真下の中央、署名は「弘毅」のみ)=鍋島明子氏撮影・共同

見つかった寄せ書きのうち、東条元首相(写真上の中央)と広田元首相の書き込み(写真下の中央、署名は「弘毅」のみ)=鍋島明子氏撮影・共同

名前のほか、好きだったとみられる漢詩の一節などが記されている。昭和史に詳しい作家の半藤一利さんは「A級戦犯たちは巣鴨プリズンで、面会者や米軍関係者の求めに応じ、多くの署名を残している。詩などを記した寄せ書きもいくつかあるが、これだけの人数が書き込んだものは多くない」と話している。

新たに見つかった寄せ書きは、終戦直後に巣鴨プリズンに勤務した日系2世の米兵看守で、76年に60歳で亡くなったトミー・イシバシさんの長女ジェーンさん(64)が、カリフォルニア州オークランドの自宅に所有していた。

縦約18センチ、横約4メートルの細長い紙に毛筆で書かれ、冒頭に「昭和丙戌(21年)秋」「石橋正雄(トミー・イシバシさんの日本名)君」と記されている。

東条元首相は名前に加え「古人今人若流水」と記入した。「昔の人も今を生きるわれわれも、流れる水のようなもの」という意味で、中国の詩人、李白の詩から取ったとみられる。広田弘毅元首相は「万邦協和」。年号の「昭和」の由来で、中国の古典の歴史書にある言葉とみられる。

白鳥敏夫元駐イタリア大使は英国の文豪、シェークスピアの作品の一節らしい英文とともに、アルファベットで署名した。このほか平沼騏一郎元首相や重光葵元外相の名前もある。花押だけ記した人もいる。

イシバシさんはカリフォルニア州で生まれたが、日本で学んだこともあり、日本語ができた。ジェーンさんは「日本語を話せる米兵は少なかったので仲良くなり、寄せ書きなどを贈られたらしい」と話している。(ロサンゼルス=共同)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]