/

乗客殴った疑い、朝日社員を逮捕 東急大井町線車内

電車内で乗客の男性を殴りけがをさせたとして、警視庁玉川署が朝日新聞社長室主査、冨田悦央容疑者(46)=東京都杉並区浜田山4=を傷害容疑で現行犯逮捕したことが13日、同署への取材で分かった。同署によると、冨田容疑者は容疑を認めている。

逮捕容疑は12日午後11時ごろ、東京都世田谷区の東急大井町線尾山台―二子玉川駅間を走行中の車内で、隣に立っていた同区の男性会社員(33)の顔を複数回殴り、全治2週間のけがをさせた疑い。

同署によると、冨田容疑者は当時酒に酔っており帰宅途中だった。

朝日新聞広報部の話 本社社員が逮捕されたことを重く受け止め、厳正に対処します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン