/

福島第1の地下水放出、結論先送り 福島県漁連

東京電力は13日、福島第1原発で増え続ける汚染水を減らすため、地下水をくみ上げて海へ放出する「地下水バイパス」計画について、福島県漁業協同組合連合会(県漁連、福島県いわき市)の組合長会議で説明した。県漁連側は結論を先送りした。

県漁連の野崎哲会長は冒頭「今回、われわれの態度を決定したい」と話していたが、会議終了後に一転、「今回の会議で同意はしておらず、意見を集約して再判断したい」と述べた。

第1原発では、原子炉建屋に流れ込む地下水が、汚染水増加の原因となっている。地下水バイパスは、建屋に流れ込む前の地下水を12本の井戸でくみ上げて海へ流す方式。東電は県漁連の了承が得られれば、一部の井戸から稼働させる方針だ。

東電の新妻常正常務は会議開始前、取材に対し「了承が得られればやりたいと思うが、どういうスケジュールになるかは、これからだ」と語った。

東電は、本格稼働すれば、現在1日約400トンとみられる流入量が約300トンまで減る見込みと説明。海へ放出する地下水の放射性物質濃度は「周囲の河川と同じレベル」としている。

井戸からくみ上げた水は、いったんタンクにためて放射性物質濃度を確認するため、実際に海に流れ込むまでには3日ほどかかるという。タンクには既に試験的にくみ上げた水が約200トンある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン