/

ホイットニー・ヒューストンさん死去 グラミー賞6度の米歌手

【シリコンバレー=奥平和行】米著名歌手のホイットニー・ヒューストンさんが11日午後、滞在中の米ロサンゼルス近郊のホテルで死去した。48歳だった。死因は不明。

米メディアによると、11日午後にホテルの部屋で意識を失っているところを発見され、間もなく死亡が確認された。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、地元検視局が毒物検査を含む死因特定を進めており、結果が出るのは数週間後という。

ヒューストンさんは1980~90年代に活躍し米音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞を6回受賞したが、2000年以降はアルコール・薬物中毒や米歌手ボビー・ブラウンさんとの離婚、経済的な困窮など私生活でのトラブルが米メディアで伝えられていた。

63年、米ニュージャージー州生まれ。85年にデビューし、92年には映画「ボディガード」に主演し、自ら歌った主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」は世界的なヒットになった。公式サイトによると、世界で1億7千万枚以上のアルバムなどを販売した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン