/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃、巧妙化 危機管理の「油断」突く

油断の代償 事件2011

[有料会員限定]

件名は「社内システムに関するアンケートです」。今年8月、東京都に本社がある小売会社の社員約100人に電子メールが一斉に届いた。「至急回答を」とあり、約5割の社員が添付ファイルを開封した。だが、目に飛び込んできたのは「訓練です」の文字だった。

メールの正体は、情報セキュリティ会社「ラック」(東京・千代田)が契約企業の社員に実施した抜き打ちテスト。ウイルスが組み込まれた標的型メールへの"免疫"をつける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン