/

成田空港の4000メートル滑走路、初の全面運用

初の全面使用が開始された成田空港のA滑走路。手前が13日から使用開始となった部分=共同

成田国際空港会社(NAA)は13日、未買収地の影響で1978年の開港以来、着陸時に使用を一部制限していたA滑走路(4千メートル)の初の全面運用を始めた。

同社によると、開港時にA滑走路南側の用地買収が難航したため、航空機の着陸に必要な進入灯を滑走路内に食い込む形で整備。南側からの着陸では滑走路を3250メートル分しか使えなかった。

南側に今も空港反対派の建物は残るが、同社は用地買収を進めて今年6月、建物を避ける形で滑走路外に750メートル分の進入灯を設置。国土交通省の規制緩和もあり、全面運用が可能になった。

滑走路が長く使えるようになるため、雪など悪天候下の着陸時に安全性が高まるとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン