2019年6月25日(火)

ALSの進行抑えるタンパク質 岐阜薬科大のグループ

2012/8/13付
保存
共有
印刷
その他

全身の筋力が低下する神経難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を制御する新たなたんぱく質を岐阜薬科大(岐阜市)の原英彰教授(薬効解析学)らの研究グループが特定し、13日、英科学誌電子版に発表した。

原教授によると、ALSの発症メカニズムの解明や新薬開発の手掛かりになるほか、早期診断が期待できるという。

研究グループは、マウスを用いた実験や患者の血清などの調査から、ALSの要因に「膜貫通糖たんぱく質nmb」(GPNMB)と呼ばれる遺伝子が大きく関わっていることを発見した。

ALSの約1割を占める遺伝性ALSの原因の一つ「スーパーオキシドディスムターゼ1(SOD1)」の変異型遺伝子を組み込んだマウスにGPNMBを過剰に増やした場合、増やしていないマウスに比べて発症時期が遅れ、生存期間が延びた。

また運動神経細胞に変異SOD1を増やすと、細胞中のGPNMBの量が減少し、細胞死が引き起こされる一方、運動神経細胞に、GPNMBを加えると、細胞の障害が改善され、ALSの進行を遅らせることを突き止めた。

ALSは感覚や思考能力が保たれたまま、筋肉が萎縮し、動かなくなる厚生労働省指定の難病。詳しい原因は不明で、有効な治療法が確立されていない。国内に約8500人の患者がいるといわれている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報