/

朝日新聞への賠償命令が確定 郵便制度悪用事件の報道

郵便制度悪用事件の報道で名誉を傷つけられたとして、牧義夫前衆院議員が朝日新聞社に1650万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は13日までに、双方の上告を退ける決定をした。110万円の支払いを命じた一、二審判決が確定した。11日付。

一審東京地裁、二審東京高裁とも、問題となった3件の記事のうち、2009年4月19日付朝刊に掲載された記事について名誉毀損の成立を認めた。朝日新聞社広報部は「主張の一部が認められず残念だ」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン