大量のプリン誤発注、ツイッター呼び掛けで完売
京都の大学生協

2012/11/13付
保存
共有
印刷
その他

京都教育大(京都市伏見区)の生活協同組合が誤って、本来の約200倍に当たる約4千個のプリンを発注してしまい、京都大など近隣の大学生協に引き受けてもらったほか、事態を知った学生がツイッターで購買を呼び掛ける騒動があった。

京都教育大の生協では即日完売し、生協関係者は「本当にありがたい話です」と恐縮しきりだ。

生協によると、10月31日、担当者がプリン20個と入力するところを、誤って約4千個と発注用の機器に入力。今月1日に倉庫に品物が届いた。

ミスに気付いた生協は自力で約200個をさばくことを決めたほか、滋賀、京都、和歌山の5つの大学の生協に事情を説明し、約3800個を引き受けてもらった。

商品が届いた京都教育大では2日、陳列棚に張り紙をして事情を説明し、35円値引きして発売。学生がツイッターで「買ってあげて」などと情報を広めた結果、その日の昼すぎに完売した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]