/

祇園の事故8人死亡 運転手、てんかんで通院

(更新)

12日午後1時ごろ、京都市東山区の大和大路通四条の交差点に軽ワゴン車が突入し、横断中の歩行者などを次々とはねた。京都府警東山署によると、歩行者の男女計7人が死亡し、11人が重軽傷を負った。軽ワゴン車の男も病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。府警は自動車運転過失致死傷の疑いで捜査を開始した。

府警によると、運転していたのは、同市西京区桂朝日町の会社員、藤崎晋吾容疑者(30)。家族によると、藤崎容疑者は直近の3カ月以内に京都市内の病院でてんかんと診断されていたという。府警は司法解剖するとともに、発作の有無と事故との関連を慎重に調べている。

府警によると、藤崎容疑者は3月5日に免許を更新。てんかんの申告はしていなかったという。病院側は診断時期や診断名は個人情報を理由に伏せたものの、「適切な治療を行っており、自動車の運転は本人と家族に対し、再三禁止を申し入れてきた。大変遺憾だ」と話した。

府警によると、軽ワゴン車は大和大路通を北上して四条通との交差点に赤信号を無視して突入。計18人をはねて北上し、約200メートル先の電柱にぶつかり大破した。

事故直前には交差点から200メートルほど南の路上でタクシーに追突。そのまま猛スピードで走り去り、赤信号の交差点に進入したとみられる。

藤崎容疑者は市内の藍染め製品販売会社に4年前から勤務。12日も通常通り出勤し、午後1時前に市内の取引先に製品を配達するため、社用車の軽ワゴンで出かけた。

現場は同市の繁華街祇園の一角で、八坂神社と歌舞伎の南座を結ぶ四条通で南座から東に約50メートルの交差点。この日は天候にも恵まれ、花見に訪れた観光客などでにぎわっていた。

京都府警によると、京都市東山区の事故で亡くなった方(男性2人、女性5人)は次の通り。

(敬称略)

千葉県八千代市 小池賢次(77)▽埼玉県蕨市 鴨下孝子(62)▽京都市東山区 沢西桃代(62)▽京都市右京区 奥村昌彦(40)▽大阪府守口市 平山節子(69)▽大阪府豊中市 伊勢由希子(58)▽同市 岸本真砂子(68)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン