/

介護ロボット「利用したい」6割 内閣府世論調査

内閣府は12日、「介護ロボットに関する特別世論調査」の結果を公表した。介護ロボは介護・福祉の現場で歩行や入浴などを補助する先端機器。在宅介護する際に「利用したい」「どちらかといえば利用したい」の回答が合計59.8%だった。介護を受ける際に「利用してほしい」「どちらかといえば利用してほしい」と答えたのは計65.1%に上った。

8月1~11日に全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施。1842人から回答を得た。

介護ロボットの魅力について(複数回答)は「介護をする側の心身の負担が軽くなること」(63.9%)がトップ。介護経験がある人に苦労したことを複数回答で尋ねると「排せつ」(62.5%)、「入浴」(58.3%)、「食事」(49.1%)の順となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン