/

セガの飲食店、19店で虚偽表示 7メニュー4万食

セガは12日、自社や子会社が運営する複合施設など19の飲食店で、表示と異なる食材を使っていたと発表した。対象は計7メニューで、一部店舗では2006年から今月初旬まで累計4万食を提供してきたという。

セガが運営する千葉市の複合施設「フェスティバルウォーク蘇我」内の飲食店2店と、子会社が運営する「ダイニングダーツバーBee」の東京都や大阪府などの17店舗が対象。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン