/

トクホ、2社が不適切表示 「ペプチド茶」「メッツコーラ」

消費者庁は12日、健康食品会社の日本サプリメント(大阪市)が販売する特定保健用食品(トクホ)「ペプチド茶」など4種類の商品で、摂取にあたり医師と相談が必要な人の注意書きが不十分なまま2006年7月から14年2月まで販売していたと明らかにした。商品に問題はなく、健康被害の報告もないという。

キリンビバレッジがトクホの炭酸飲料「メッツコーラ」のリニューアル後の表示例を消費者庁に届け出た際、健康増進法が求める日本語商品名の表示漏れがあったことも判明。同庁が見落としていたという。

トクホの不適切表示が相次いだことから、消費者庁は、現在流通しているトクホが届け出通りに表示されているかを点検するよう、業界団体の日本健康・栄養食品協会(東京・新宿)を通じて各社に要請する方針。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン