NHK解説副委員長が自殺 局内トイレで

2010/8/12付
保存
共有
印刷
その他

11日午後5時20分ごろ、東京都渋谷区神南のNHK放送センターのトイレで、解説委員室副委員長の影山日出夫さん(56)が首をつった状態で見つかり、搬送先の病院で12日午後4時40分ごろ死亡した。警視庁代々木署は自殺とみている。

NHK広報局によると、影山さんの机に遺書のようなものがあり、職員らが捜したところ、8階男子トイレの個室内で影山さんを見つけた。

影山さんは1976年にNHKに入局し、政治部記者を経て、2000年に解説委員。報道番組「日曜討論」の司会を担当し、8月1日の放送分が最後の出演となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]