女性の笑顔は2時間41分 住生調査1日平均、男性は半分以下

2010/8/13付
保存
共有
印刷
その他

女性が「笑顔」になる1日の平均時間は男性の2倍以上――。住友生命保険が13日までにまとめたアンケートで、こんな結果が出た。女性がどの年代でも高水準なのに対し、男性は年代が高いほど減ることも分かった。

調査はインターネットによる自由記入形式で、応募者の中から男女とも千人ずつを無作為抽出して分析した。その結果、男性の笑顔の平均時間は1日当たり1時間16分だったのに対し、女性は2時間41分だった。

男女の年代別では、20代以下の女性が最も長く、最も短かったのは40代と、50代以上の男性。男性は20代以下をピークに年齢を経るほど笑顔が減る傾向だ。一方、女性は30代と40代で若干減るものの、常に男性のほぼ2倍。50代以上は3倍近くに"格差"が広がる。

住友生命は「女性は子供や家族、地域など、交流場面が多彩なため笑顔の時間が長いのでは」と分析する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]