/

大西巨人氏が死去 長編小説「神聖喜劇」など

長編小説「神聖喜劇」などで知られる小説家の大西巨人(おおにし・きょじん、本名=のりと)氏が12日午前0時30分、肺炎のため、さいたま市内の自宅で死去した。97歳だった。告別式は行わない。喪主は長男で作家の赤人氏。

新聞社勤務を経て、戦後は反権力の立場で小説執筆、評論活動を展開。1952年のエッセー「俗情との結託」で故野間宏氏の「真空地帯」を批判。同氏や後の共産党議長、故宮本顕治氏と論争した。

日本軍の不合理さを描いた神聖喜劇は執筆に25年間をかけ、80年に完結した。主な著作に「三位一体の神話」「地獄篇三部作」など。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン