宮城・南三陸町、水産加工業者ら始動

2011/4/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災で津波による深刻な被害を受けた宮城県南三陸町で、水産加工業者らが再建への一歩を踏み出している。

押し流された民家や車などのがれきが残る同町小森地区で今月上旬、水産加工会社「カネキ吉田商店」の社員らが長靴姿で冷たい川の中に入り、50個余りの泥まみれのプラスチック製カゴを洗っていた。

4つの加工場のうち3つが津波で流失。カゴは社員らが約1週間かけ自主的に拾い集めた。社員の熊谷長一さん(4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]