飛行中で場所特定できず 機内で盗撮容疑の男釈放
東京区検

2012/10/12付
保存
共有
印刷
その他

飛行中の旅客機内で客室乗務員のスカートの中を盗撮したとして兵庫県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で警視庁に逮捕された会社社長の男(34)が処分保留で釈放されていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。盗撮行為は各都道府県の条例で罰せられるが、検察は盗撮行為があった当時、旅客機が飛んでいた場所を特定できないと判断したとみられる。

男は9月10日午前、高松発羽田行き日本航空1402便の機内で、女性客室乗務員(27)のスカート内をボールペン型カメラで盗撮したとして警視庁東京空港署に逮捕された。同署によると、「制服が好きで、つい盗撮してしまった」と容疑を認めていた。

東京空港署は当初、客室乗務員の話や周囲の乗客の目撃情報から盗撮があった時刻を「午前8時9分」と推定。航路の分析から兵庫県篠山市上空を飛行中だったとみて同県の条例を適用したが、実際に時計を見ていた乗客がいないなど、盗撮があった時刻を裏付ける証拠が不十分だったという。

送致を受けた東京区検は9月20日に処分保留で釈放。犯行場所を特定できず、兵庫県の条例を適用するのは難しいと判断したとみられる。

警視庁幹部は「都道府県条例以外に、旅客機内での盗撮行為を取り締まる法制度の整備が求められる」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]