/

PC遠隔操作事件でFBIに解析依頼 警視庁

捜査員派遣

パソコンの遠隔操作事件で、警視庁や大阪府警などの合同捜査本部は12日、真犯人が送ったとみられる犯行声明メールの送信元を特定するため、経由したサーバーのある米国に警視庁の捜査員ら5人を派遣した。米連邦捜査局(FBI)に通信記録の解析を求める。

これまでの捜査で、真犯人から10月に都内の弁護士とTBSに送られた犯行声明メールは、世界中の複数のサーバーを自動的に経由させる暗号ソフトが使われ、最後に米国と欧州を経由していたことが判明。捜査員はサーバーがあるカリフォルニア州などを訪れる。

4人の誤認逮捕につながった襲撃予告メールなども同じ暗号ソフトが使われており、捜査本部は相手国の協力が得られ次第、米国以外にも捜査員を派遣する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン