総合

五輪ボランティア7万人輝く 日本人も活躍

2012/8/13 11:55
保存
共有
印刷
その他

主に紫と赤のユニホームに身を包み、「ゲームズメーカー」として競技場内外でロンドン五輪を支えたボランティアは約7万人に上る。観客の案内、チケットの確認、補助審判……。その役割は800種類にも及び、大会運営に重要な役割を果たした。その中には日本人の姿もあった。

開会式で着た衣装を手に感想を語る竹田さん(8日、ロンドン)=写真 小川望

鹿児島県出身で現在はロンドンに住む会社員、竹田富美さん(40)は開会式と閉会式のセレモニーにボランティアとして参加した。職場の同僚に誘われ「軽い気持ち」で応募。オーディションをとんとん拍子に通り、1月に決まった。

母親に電子メールで伝えたところ、普段は2行程度しかない返信文が、画面に表示できない分量になるほどの喜びようだった。開会式前日に受け取ったメールには、母が福島県いわき市の実家に竹田さんを連れて初めて里帰りした時のことが記されていた。

「父親が『元気な子だね、何になるのかな?』と言うので、オリンピックに出したいと言った。今ごろ形を変えて実現しました」

8万人収容の五輪スタジアムで行われた開会式。英国の歴史をたどるセレモニーで、竹田さんはすすで汚れたようなスカートとブラウスを身につけ「産業革命時代の工場労働者」役で登場した。閉会式は選手の誘導役。「8万人のスタンディングオベーションは忘れられない。夢の中みたいなこれ以上ない経験をし、母との距離も近づけてくれた」。さわかな笑顔を浮かべた。

ボランティアが五輪の大会運営に初めて導入されたのは1948年の前回のロンドン五輪だった。それから64年。今や五輪に欠かせない存在となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

総合 一覧

女子100メートル背泳ぎ(S11)で獲得した金メダルを胸に、声援に応える秋山里奈(2日、水泳センター)=共同共同

 【ロンドン=共同】ロンドン・パラリンピック第5日は2日、水泳センターで行われた競泳女子100メートル背泳ぎ(視覚障害S11)で、秋山里奈(神奈川県)が1分19秒50の大会新で優勝し、金メダルを獲得し …続き (2012/9/3)

男子100キロ超級で獲得した金メダルを掲げる正木健人(1日、エクセル)=共同共同

 【ロンドン=共同】ロンドン・パラリンピック第4日は1日、五輪スタジアムなどで行われ、柔道(視覚障害)の男子100キロ超級決勝で正木健人(兵庫県)が王嵩(中国)に一本勝ちして金メダルを獲得し、今大会の …続き (2012/9/2)

 【ロンドン=共同】ロンドン・パラリンピック第3日は31日、五輪スタジアムで陸上が始まり、女子5000メートル(車いす)予選で土田和歌子(東京都)が2組3着に入り、決勝へ進んだ。競泳男子で100メート …続き (2012/9/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]