2019年4月18日(木)

兵庫・宝塚市役所に火炎瓶 逮捕の男「督促に立腹」

2013/7/12付
保存
共有
印刷
その他

男が火をつけた宝塚市役所で消火活動にあたる消防隊員(12日、兵庫県宝塚市)=宝塚市提供

男が火をつけた宝塚市役所で消火活動にあたる消防隊員(12日、兵庫県宝塚市)=宝塚市提供

12日午前9時40分ごろ、兵庫県宝塚市の宝塚市役所で「男が火をつけた。煙が充満している」と市職員から119番通報が入った。消防車両19台が出動し、火は約1時間10分後に消し止められた。県警宝塚署によると、煙を吸い込むなどして25~50歳の市職員ら男女5人がけがをし、病院に搬送された。全員意識はあるという。

現場に駆けつけた県警宝塚署員が市役所内で同市の無職、高橋昭治容疑者(63)の身柄を確保し、現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕した。同署によると、「市税滞納の関係で腹が立った」と供述しているという。

同署によると、高橋容疑者は同日午前、同市役所の市税収納課を訪問。担当職員と口論となり、かばんの中から火炎瓶2本を取りだし、窓口のカウンター越しに投げ込んだという。1本目は火が付いておらず、2本目は火が付いていた。その後、持ってきたポリタンクからガソリンのような液体もまいた。同署が液体の成分を分析している。延焼面積は広範囲に及んでいるという。

高橋容疑者はその後逃走したが、職員3人が追いかけ庁舎内で取り押さえた。同容疑者は車で来庁していた。

宝塚市によると、同容疑者は以前にも市の窓口に何度か訪れていたといい、税金未納で預金口座を差し押さえられていた。

高橋容疑者は同署の調べに「マンションの固定資産税を滞納していた。何度も督促状を受けていた。文句を言いにいった」と話しているという。

署や宝塚市消防本部によると、負傷したのは25~50歳の市職員の男性3人と来庁中の45歳と50歳の市民の女性2人。そのうち男性職員(44)はのどにやけどを負っている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報