/

美味しんぼ描写「容認できない」 福島県が小学館に抗議

小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載中の漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第1原子力発電所事故後の福島県をめぐる描写を巡り、同県は12日までに小学館に「県民などの心情を深く傷つけ、風評被害を助長するもので断固容認できない」とする抗議の申し入れをした。

県は、漫画の主人公らが鼻血を出す描写について「高線量の被曝(ひばく)があった場合、歯茎からの出血などとともに鼻血が出るが、住民はこのような症状が出る被曝はしていない」と指摘。客観的事実に基づいた表現をするよう要望した。

また、12日発売の同誌の「美味しんぼ」で東日本大震災のがれき処理を受け入れた大阪の住民が目や呼吸器系に異常が出ているとの表現があり、大阪府と大阪市は同日、小学館に抗議文を出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン