/

田中文科相、事実でないなら「ゆゆしき問題」 iPS応用巡り

田中真紀子文部科学相は12日の閣議後の記者会見で、iPS細胞を臨床応用したとする森口尚史氏の説明に疑義が生じていることについて、文部科学省として事実は確認していないとした。そのうえで「(臨床応用が事実でないとすれば)ゆゆしき問題で、まじめに研究している方々に与える影響も大きく、残念だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン