/

松木前議員に偽装献金か 親族企業が所得隠し、札幌国税局指摘

松木謙公前衆院議員(54)の親族企業グループが、札幌国税局から約2億円の所得隠しを指摘されていたことが12日、関係者への取材で分かった。役員報酬を装ってプールした資金の一部を、取引先企業の経営者らの名義を借りて松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」などに献金していたという。

政治資金規正法は、他人名義での献金や資金管理団体への企業献金などを禁じており、同法に違反する可能性がある。

関係者によると指摘を受けたのは、松木氏の父親(84)が社長を務め、建設関係の日刊紙などを発行する「北海道通信社」(札幌市中央区)のグループ。松木氏も副社長に就いている。重加算税を含めた追徴税額は約5千万円だった。

父親は取材に対し、既に修正申告したことを認めたうえで「国税から不当な支払いがあると指摘されたが、資金のプールや名義を借りた献金はやっていない」と話した。

松木氏も取材に応じ「詳細は分からないが、名義借りという認識はない。問題があるとすれば私が責任を取るべきだと思う」と話した。

松木氏は03年の衆院選で北海道12区に民主党から出馬、比例で復活し初当選した。3期務めた後、12年の衆院選は新党大地から立候補し落選した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン