/

寒の戻り厳しく 全国608カ所で氷点下の朝

強い寒気を伴う低気圧の影響で12日、寒の戻りが厳しく、全国の気象庁観測点927カ所の約65%に当たる608カ所で朝の最低気温が氷点下の冬日となった。関東でも茨城県高萩市で3月の観測史上最低のマイナス0.8度を記録したほか、同県日立市で最も寒い時期を下回る同0.7度、東京都八王子市で同1.0度、千葉県成田市で同1.5度を観測した。

冬日の地点がなかったのは佐賀、沖縄両県だけという。

東北などは大雪となり風も強まり、気象庁によると、東北と北陸を中心に大雪と強風が13日も続く恐れがある。岩手県久慈市で24時間降雪量が40センチを超え、同県宮古市で午前中の最大積雪13センチと、東日本大震災の被災地もまとまった雪となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン