/

チャーリー・ヘイデン氏が死去 米ジャズベース奏者

チャーリー・ヘイデン氏(米ジャズベース奏者)AP通信によると、11日、ロサンゼルスで死去、76歳。長くポリオ後症候群を患っていた。

ジャズミュージシャン、オーネット・コールマン氏のカルテットに加わった。米ジャズ界最高の栄誉とされる国立芸術基金(NEA)ジャズマスターズ賞や、グラミー賞を受賞した。(ニューヨーク=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン