ハーグ条約関連法が成立、子供の返還にルール

2013/6/12付
保存
共有
印刷
その他

国際結婚が破綻した夫婦間の子供の扱いを定めた「ハーグ条約」加盟に向けた関連法が12日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。条約への加盟はすでに国会で承認しており、今後は政府が必要な政省令を制定し、今年度中の加盟を目指す。

ハーグ条約は16歳未満の子供を一方の親が勝手に国外に連れ去った場合、原則として元の居住国に戻さなければならないとしている。

関連法は日本に連れて来られた子供の返還手続きなどを定めた。対外窓口である「中央当局」を外務省に設置し、海外に住む親の求めに応じて子供の居場所を確認し、当事者間の話し合いを促す。両親の協議が不調に終われば、東京、大阪の家庭裁判所が判断する。虐待の恐れがある場合、返還を拒否できる規定も盛り込んだ。

主要8カ国(G8)でハーグ条約の未加盟国は日本だけだった。安倍晋三首相は17日から英国で開かれるG8首脳会議(サミット)で日本の取り組みを説明する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]