/

この記事は会員限定です

ロボット演劇、海越える 平田オリザさんら欧州で上演

[有料会員限定]

アンドロイド(人間酷似型ロボット)を俳優に使う「ロボット演劇」プロジェクトの現状を知ってもらうため、劇作家の平田オリザさん、ロボット研究者の石黒浩さんらが今秋、欧州4カ国とタイで平田さんの作品を上演する。ロボット演劇の海外上演は初。平田さんは「評価を確立し、来年にはパリでの芸術祭に招待されたい」と意気込む。

上演するのは昨年、名古屋で開催された国際芸術祭で初演した「さようなら」。アンドロイドが死期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン