ウナギ食文化どこへ 「絶滅危惧種」、消費者らに波紋

2014/6/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ウナギを食べる文化はどうなる――。国際自然保護連合(IUCN)が12日公表のレッドリストにニホンウナギを絶滅危惧種に指定したことで、ウナギ関連業者や消費者の間に波紋が広がる。専門家は「ウナギの生態を守りながら食文化を維持できるように、流通や消費を抑えるなどの対策が必要」と指摘する。

「仕入れ値が上がれば店の価格に転嫁せざるを得ない」。老舗ウナギ店「駒形 前川」(東京・台東)の大橋一仁常務(35)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]