/

南海トラフ地震、発生確率が微増 地震調査委が評価

政府の地震調査委員会は11日、今年1月1日を基準日とした海溝型地震などの長期評価を発表した。巨大地震発生が危惧される「南海トラフ」と呼ぶ海底の溝沿いや三陸沖から房総沖の地震などで、時間の経過に伴い、わずかに発生確率が上がった。

長期評価は毎年更新している。南海トラフ沿いにあたる東南海地震の30年以内の発生確率は、昨年の70%程度から70~80%に改めた。地震調査委は「起こりやすさが急に上がったものではない」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン