2019年1月22日(火)

大分県議が「セシウム牛いらない」 イベントで絶叫

2011/10/12付
保存
共有
印刷
その他

大分県由布市湯布院町で10日開かれた「第37回牛喰(く)い絶叫大会」で、近藤和義県議=同市選出=が、地元産牛肉が安全であるとアピールした後、「セシウム牛はいりません」と絶叫していたことが11日、分かった。

大会は参加者が地元産の牛肉を食べ、日ごろの思いを叫ぶイベント。地元関係者として本番前にステージに立った近藤氏は「汚染された稲わらを食べた牛肉が出回ることがあったが、今日食べる牛肉は汚染の心配はありません」と前置きして「セシウム牛はいりません」と叫んだという。

近藤氏は取材に「国はセシウム汚染牛の対応を県や生産者側に任せっぱなし。国を批判する意味合いを込めたが、言葉足らずだったかもしれない」と釈明している。

大会には県内外から約800人が参加、特産の豊後牛のバーベキューを味わった。うち、約100人がステージに立ち、家族や恋人への感謝の言葉や、東日本大震災の被災地への思いを叫んだ。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報