2019年7月19日(金)

中国・大連で東北被災3県の観光セミナー

2012/7/11付
保存
共有
印刷
その他

【大連=進藤英樹】中国・大連で11日、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の東北3県に中国人観光客を誘致するための観光セミナーが開かれた。3県を訪れる中国人の個人観光客を対象に、日本を何度も訪問できる数次査証(ビザ)を発給する運用が1日に始まったことを説明。3県の見どころなどをアピールした。日本政府が3県と共催。地元の旅行会社などが参加した。

宮城県大連事務所の西村一慶所長は「大連―仙台間は直行便もあり、仙台から東北3県を周遊してほしい」と訴えた。岩手県産業経済交流課の村上陽彦主任は「平泉は昨年6月の世界遺産登録を境に観光客が急増した。中国人観光客にも魅力を伝えたい」と話した。

福島県上海事務所の渡辺憲夫副所長は「避難区域を除き、通常の生活を営んでいるという現状をまず理解してもらいたい」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。