福島・茨城で震度6弱 M7、津波警報は解除

2011/4/11付
保存
共有
印刷
その他

11日午後5時16分ごろ、東北地方を中心に強い地震があり、福島県いわき市や茨城県鉾田市などで震度6弱を記録した。震源は福島県浜通りで、震源の深さは約6キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.0と推定される。気象庁は一時、茨城県に津波警報、宮城、福島、千葉の各県に津波注意報を出したが、午後6時5分にすべて解除した。

気象庁によると、東日本大震災の余震とみられる。午後6時までに最大震度5弱を観測する余震が2度発生するなど、多数の余震が起きている。揺れの強かった地域では土砂災害や家屋の倒壊などの危険が高まっているとして、同庁は警戒を呼びかけている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]