/

義父に繰り返し血糖降下剤 殺人未遂容疑で女逮捕

岡山県警は11日、岡山県井原市東江原町の自宅などで、義父に血糖降下剤を繰り返し摂取させて低血糖症状にし殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで同居の無職、中尾淳子容疑者(38)を逮捕した。

捜査1課によると殺意は否認している。淳子容疑者は糖尿病治療のため血糖降下剤を服用していたが義父は糖尿病ではなかった。

逮捕容疑は、2~4月ごろの4回にわたり、自宅などで義父の中尾雅(ただし)さん(82)に血糖降下剤を摂取させ、低血糖症状にして殺そうとした疑い。雅さんは4月25日に心肺停止状態で病院に運ばれ、治療を受けている。捜査1課によると、雅さんは2008年3月から20回以上にわたり、低血糖の発作を起こして入退院を繰り返していた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン