2019年7月22日(月)

がん細胞死滅の仕組み解明 愛知県がんセンター研究所

2012/6/12付
保存
共有
印刷
その他

がん細胞内で特定の酵素の機能を抑えると、哺乳類の細胞の増殖と休止を切り替える「スイッチ」である小さな突起物が形成されず、細胞そのものが死滅――。愛知県がんセンター研究所の研究チームは12日までに、こうしたメカニズムの詳細をヒト由来の細胞を培養して行った実験で突き止め、米科学誌に発表した。

研究所の稲垣昌樹発がん制御研究部長は「仕組みを利用することで、増殖中のがん細胞だけを死滅させる新薬の開発につながる可能性がある」としている。

「スイッチ」は「一次線毛」と呼ばれ、一つの細胞に一つ形成される、ひげのような器官。内臓の位置を決める働きがあることが分かっていたが、細胞増殖に重要な役割を果たしていると裏付けられた。

研究チームは、特定のタンパク質を細胞内から意図的に消失させる実験を行ったところ、一次線毛が形成されて細胞増殖が休止した。このタンパク質が、哺乳類のがん細胞分裂に必須の酵素である「オーロラAキナーゼ」を活性化させていることも判明した。

実験結果を踏まえ、この酵素の機能を抑える試薬を正常な細胞とがん細胞の両方に注入して観察した。この結果、正常な細胞では一次線毛が形成されて細胞増殖が休止。ところが、がん細胞では一次線毛が形成されず、細胞分裂が途中で止まってしまうなどの分裂障害を起こし、細胞自体が死滅することが確認された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。