春なのに…インフル流行 患者数、前年同期の2倍超
4月末まで注意必要

2014/4/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日差しは暖かくなったのに、インフルエンザの流行がまだ続いている。国立感染症研究所が11日発表した調査結果によると、全国約5千の医療機関から6日までの1週間に報告された患者数は1施設当たり6.13人で、前年同期(2.80人)の2倍を超えた。1~2月のピークとは別の型のウイルス感染が増えており、今月末まで流行が続く可能性もあるという。

「まさか春休みになって感染するなんて」。4月上旬、東京都大田区の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]