2019年7月19日(金)

ネット依存、病院で治療の若者ら急増 潜在患者270万人も

2012/10/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オンラインゲームや交流サイト(SNS)などに没頭する「インターネット依存」となり、病院などを訪れる若者が増えている。国際的に認められた診断基準はないが、依存が疑われる人は270万人との推計も。医療機関側は「家族だけで依存から抜け出すのは難しい。専門家に相談してほしい」と呼び掛けている。

3月中旬、東京都内の男子学生(21)が母親に連れられ、成城墨岡クリニック(東京・世田谷)を訪れた。昨年秋から戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。