2019年2月20日(水)

布から指紋、女性警官らが新技術 常識覆す

2012/7/13付
保存
共有
印刷
その他

犯罪捜査の有力な手掛かりとなる指紋を布から採取する技術を、静岡県警掛川署のベテランと若手女性のコンビが開発した。織りの凹凸があり「指紋は出ない」が捜査員の常識だった。痴漢や強制わいせつ事件の立証で威力を発揮するだけでなく、抑止にも効果が期待できそうだ。

開発したのは刑事課鑑識係の広住幹夫警部補(52)と工藤優子巡査長(26)。発端となったのは、2011年1月に掛川市内の路上で発生した強制わいせつ事件だった。現場に駆け付けた工藤巡査長は、犯人が手を触れたはずの被害女性の洋服から指紋を採取するのは無理だと、上司の広住警部補から知らされる。

現場から足跡も採取できず事件は未解決のままに。工藤巡査長は「なぜ採れないのか」と納得がいかなかった。広住警部補は「自分には固定観念があった。若い工藤君だから疑問を持てた」と振り返る。2人は勤務終了後の空き時間に、布から採取する実験を始めた。

いろいろな試薬や布を使って従来の鑑識方法を試すうち、石や木、ビニールにも用いられる「シアノアクリレート法」という方法が効果的であることが分かってきた。

瞬間接着剤の成分シアノアクリレートを溶かし込んだ液体の蒸気を布にあてると、布に付着した指紋の水分と反応し合い、消えていた指紋の跡が浮かび上がる。その跡に採取のための粉末をのせる仕組みだ。

被害者と容疑者の言い分が食い違うことが多い痴漢などの事件で、鑑識への期待は大きい。警察庁も関心を寄せ「布の種類や材質など、様々な観点から検証する必要がある」と指摘している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報