/

共産、現職小池氏が落選 東京選挙区

「消費増税阻止訴えたが、届かず」

東京で落選し、質問に答える共産党の小池晃氏(11日午後、東京・代々木)=共同

東京・千駄ケ谷の共産党本部では、午後9時ごろから党幹部が集まり、開票の行方を見守った。最大の重点区とした東京選挙区で、知名度の高い党政策委員長の小池晃氏(50)が落選。「大変残念だ」と志位和夫委員長の表情に落胆の色が浮かんだ。

「完全野党」を掲げて菅首相の「消費税増税」発言を非難したが、批判票の受け皿になれず。

小池氏は選挙事務所で「消費税増税を許さないために私の議席が必要だと訴え続けたが、届かなかった」と敗戦の弁を述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン