2019年5月23日(木)

日航787型機、防氷装置に不具合 別の同型機で運航

2013/6/11付
保存
共有
印刷
その他

11日午前1時半ごろ、羽田発シンガポール行き日本航空のボーイング787型機で、操縦室の計器にエンジンの凍結を防ぐ「防氷装置」の不具合を示すメッセージが表示された。同機は羽田空港に引き返した。乗客約150人は午前7時ごろ、別の787型機で出発した。

日航などによると、離陸から数分後、左側エンジンの前方にある防氷装置の不具合が表示された。システムチェックを続けていたが表示が戻らなかったため羽田空港に引き返したという。

10日には福岡空港の誘導路を滑走路に向かっていた全日空の同型機でも、エンジンの不具合を示すメッセージが操縦室の計器に表示され、欠航した。

いずれのケースもエンジン本体は問題がないとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報