/

この記事は会員限定です

宮崎口蹄疫 感染判断、写真使い短縮 拡散防止、時間との戦い

[有料会員限定]

口蹄疫(こうていえき)の終息を目指し、農林水産省と県は、従来の遺伝子検査から、短時間で判断可能な「写真判定」へ切り替えを進めている。迅速な判断により、殺処分のタイミングを前倒しし、ウイルス拡散を抑え込むことが狙いだ。

口蹄疫が出始めた当初、県はまず検体を独立行政法人、動物衛生研究所の海外病研究施設(東京都小平市)に送り、遺伝子検査を実施。感染が確認された時点で、殺処分とする流れだった。

ただ、検体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン